タグ:DJEBEL250XC ( 39 ) タグの人気記事

2010秋来たる北海道ツーリング 2010.09.20 その3
何処までも続くこのなだらかな丘。氷河時代の名残だそうですが独特ですね。
でも遠くから見たときにゴルフ場か?って思ったのはナイショだ。
c0185449_0363124.jpg


ちなみにこの先の分岐を右に行くと管理道路になります。そっちも良い景色なんですよ。
去年は気づかずに入っちゃったけど…看板を見ちゃったからには入れませんね。
c0185449_036376.jpg


D889を往復したりオホーツク海に下りる白い道を走ったりで1時間くらいうろうろしてました。
もう何回も来てるけどこんなに晴れたのはいつ以来か。来る度にいいなと思わせてくれる場所です。
c0185449_0364273.jpg


この時点で明日は礼文に行こうと決めたんで確認のためにフェリー会社に電話。
予約は要らんから40分前にターミナルに居てねと…確か第1便は6:20。
という事は5:40にはターミナルに行かないと…はいホテル泊決定っと。

そろそろ日没の時間なのでオロロンラインに戻ります。
夕陽ケ丘のPAからは利尻礼文が綺麗に見えたんで綺麗な夕日が期待できそうです。
c0185449_0364585.jpg


去年も立ち寄った抜海の高台に寄り道してみました。サロベツが一望できる場所です。
c0185449_0365430.jpg


夕暮れのオロロンラインを走れる贅沢。
c0185449_036581.jpg


あちこちウロウロしながら利尻に沈む夕日を楽しみました。
c0185449_037289.jpg


c0185449_037558.jpg


刻々と色を変える空を横目に見つつ凍えるような寒さのなか稚内に戻って終了。
帰ってネットで見たらこの時間で13℃しかなかったそうです。
c0185449_037985.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-11-06 00:44 | 2010秋来たる北海道ツーリング
2010秋来たる北海道ツーリング 2010.09.20 その2
オロロンラインを北上すると雲がなくなってきたんでまだ行った事のない宮の台へ行くことに。
内陸に向かうD444はまさに原野を貫く道。アスファルト以外なーんもありません。
c0185449_019258.jpg


宮の台の展望台からはサロベツ原野が一望できました。
利尻は少し雲に隠れちゃいましたが所々影ができて良い景色。
c0185449_019828.jpg


R40は曇りや夜しか走ったことないけど周りの景色もなかなか良いですね。
起伏のある原野の中に牧場が点在していてちょっと他にはない景色。道東はもっとフラットだしね。
c0185449_019128.jpg


R40-R238で宗谷岬方面へ。稚内から宗谷岬って結構遠いんですよね。
c0185449_0191744.jpg


宗谷岬の手前にある最後の集落から細い道を抜けると宗谷丘陵へ登る道があります。
砂利道の両脇には牧草地が広がってるのでその作業道なのでしょう。
c0185449_0192124.jpg


海の向こうに島影が見えました。サハリンかな?
c0185449_0192945.jpg


しばらくアップダウンを繰り返してると目の前には見た事もない景色が広がってました。
幾度となく足を運んだ土地だけど来るたびに何かしら発見がある。旅をやめられない理由の一つです。
c0185449_0193436.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-11-01 00:23 | 2010秋来たる北海道ツーリング
2010秋来たる北海道ツーリング 2010.09.20 その1
朝5時に起きて外を見てみるとやっぱり雨。
天気予報と雲の動きをチェックすると北の方は晴れそうだ…というわけで稚内行きに決定。
c0185449_23392635.jpg


チェーンにルブさしてシトシト雨の中いざ出発。人気のない札幌市内を抜けて石狩市経由のR231を選択。
西から晴れてくやろという読みのもとオロロンラインを北上します。
c0185449_23393389.jpg


朝早いのと方向的にすれ違うライダーが全く居ないのは淋しいです。
降ったり止んだりの雨のなか留萌の手前で晴れ間が見えた(・∀・)
c0185449_23393748.jpg


綺麗な青空が嬉しくて停まって眺めてるとバイクが追い抜きざまに左手でチラリとピース。
こっちもミラーに映るようにブンブン手を振り返す。ハタから見るとアホな光景かも(笑)
c0185449_23394128.jpg


雨上がりのR232を気持ちよく北上。やっぱバイクツーリングは晴れてなんぼ。
ジャケットを着ていると少し暑いくらいのこの気温が一番心地よい気温です。
c0185449_23394663.jpg


良い天気にジェベル君も喜んでます。
c0185449_23395144.jpg


途中に休憩を挟みつつお昼前には天塩に到着。雲が分厚くなってきたかな?
この日は風がないせいかオトンルイの風車も止まったままでした。
c0185449_23395518.jpg


でも利尻が大きく見える所まで来ると何とも気持ちの良い空がお目見え。
この道はツーリストに人気ですね。バイク、自転車みんな楽しそうに走ってました。
c0185449_23395813.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-10-27 23:42 | 2010秋来たる北海道ツーリング
2010秋来たる北海道ツーリング 2010.09.18-19
予定ではお盆に行く予定でフェリーまで取ってたのに仕事の関係でどうしても休みが取れない。
それでも諦めきれずに作戦を練ってたら何とか9月の連休を絡めて休みが取れました。
チケットをキャンセルではなく変更にしておいたおかげで追金もなくオールオッケイ。

少し残業して仕事を片付けたら会社近くに停めて置いたバイクの元へ。
一回帰ると遅くなるし職場は名古屋駅前だからすぐ高速乗れるんで楽ちんです。
まぁ、むき出しのオフ車で高速走行は辛いんですがね。雨降ってないだけましか。

荷物は今回もコンテナボックス+テントという構成。もうパッキングは完成の域にあります。
c0185449_23202890.jpg


途中のSAで晩メシ食べて敦賀のいつものLAWSONで食糧買い込んでFTに着いたのが22時。
バイクや車は満車にもかかわらず乗船時刻は出航の30分前。大丈夫かいな?
c0185449_23203268.jpg


上陸翌日の朝は雨らしいのでホテルを探すもイベントでもあるのか何処も満室。
そうこうしてる内に乗船が始まりあっという間にフェリーは出航。
風呂入ってベッドに寝転んでたら日ごろの疲れもあってかすぐに眠りに落ちました。

昼前に起きても昔みたいに地図を見ることもないんで暇なこと暇なこと。
サイドラウンジでだらだらしつつ津軽海峡を通る時にホテルをっと…取れた!
取れたのが札幌でちと遠いけど今夜は晴れって言ってるしまぁいいや。

だがしかし!

定刻通り接岸して車両甲板のゲートが開いたら…雨降ってますやん。
またかいなと思いつつ蒸し暑い甲板でカッパ着て闇夜の苫小牧東に降り立つ。
c0185449_23203615.jpg


苫小牧市街に向かうバイク達を横目に強くなる雨のなか一路札幌へ。
上手く予約が通ってなかったみたいで予備の豪華な部屋になったのはラッキーだったかな。

さっそく濡れたカッパを乾かしつつ新しいブーツ(Fuga)のチェック。
慣らしはしてきたけど本格的な雨ははじめて。どうやら浸水も無い様子で良かった。

フェリーで散々寝たにも関わらすあっさり眠りに落ちました。
[PR]

by tessaisan | 2010-10-26 23:27 | 2010秋来たる北海道ツーリング
2010秋来たる北海道ツーリング
くそ忙しい仕事を無理やりこじ開けて9.18-25という日程で北海道に行ってきました。

相変わらず上陸先の苫小牧は土砂降りだわ。
突然の嵐襲来でテントが倒壊しそうになるわ。
一雨で最低気温が15℃から一気に2℃になるわ。
フェリーは台風の影響でありえんくらい揺れるわ。

とまぁ色々あったツーリングだったけど振り返ってみれば「楽しかった」の一言。
今まで取りこぼしていた場所にも行けたし大満足な1週間でした。


何はともあれトラブルもなく2,000km走りきってくれたDjebelに感謝です。

c0185449_23274979.jpg


c0185449_23275738.jpg


c0185449_2328137.jpg


c0185449_2328592.jpg


c0185449_23281127.jpg


c0185449_23281533.jpg


c0185449_23282017.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-09-28 23:47 | 2010秋来たる北海道ツーリング
涼を求めて平湯キャンプツーリング 2010.07.25
この朝は15℃まで下がったそうです。久しぶりにぐっすり眠れて清々しい朝を迎えました。
名古屋だといつも起きる頃には30℃近くになってるからなぁ...おちおち朝寝も楽しめないもん。
c0185449_2339993.jpg


朝飯を食べて珈琲飲んでまた芝生でまどろんで。いつもよりもだらだらと時間を過ごして9時前にキャンプ場を出発。
真っ直ぐ帰るにはもったいない天気だったので少し北の方をまわって帰ることにしました。
c0185449_23391552.jpg


乗鞍、平湯には何回も来てるけどR471方面に向かったのはこれが始めてかも。
とりあえず遠くに見える荒々しい山並みの麓まで行ってみることにしました。
c0185449_23391961.jpg


栃尾でR471から外れてK475を北に向かいます。この道が川沿いのなかなか気持ちが良い道で。
c0185449_23392344.jpg


K475をそれて中尾高原をうろうろします。この辺りは立ち寄り湯が結構あったけど時間の関係で今回はパスしました。
中尾から鍋平方面への道を上がっていくとかなり立派な橋がありました。北アルプス大橋というそうです。
c0185449_23392942.jpg


・・・と、写真を撮ってたらヘリが下りてきました。
c0185449_23393322.jpg


北アルプスの荒々しい稜線が目前に迫るこのロケーション。誰も来ないのがまた良い。来て良かった。
c0185449_23394259.jpg


橋からの景色に満足したのでロープウェイには眼もくれずK475を戻ることにしました。
R471を西に向かって走るんですがこの道もかなり気持ちの良い道。テンポよく走ることができます。
c0185449_23395258.jpg


今度から平湯に行くときはR158じゃなくて丹川からK89-R471を使うのもありかな?
c0185449_23394636.jpg


このまま国道を行くとかなり大回りになってしまうので、途中でK76にそれて高山を目指します。
この道も交通量皆無で途中まではなかなかの快走路。結構バイク見かけたんで割とメジャーな道かもしれません。
c0185449_2339564.jpg


高山からは無料供用中の高速を使って清見まで行ってせせらぎ海道といういつものルートをチョイス。
西ウレ峠から下るほどに明らかに上昇する気温。郡上に着く頃には熱風に...現実に帰ってきてしまいました。
c0185449_2340044.jpg


帰りの高速がまた暑い。トンネルの連続なんで涼しいと思いきやトンネルの中も暑い(笑)
名神に合流すると更に体感温度UP。ドライヤーの風を浴びてる気分でSA毎に水分補給が必要なくらい。
この時期はロドスタで行くのが正解ですね。次回からはそうしましょう。

本日の走行距離:260km
[PR]

by tessaisan | 2010-07-29 00:34 | 東海
涼を求めて平湯キャンプツーリング 2010.07.24
梅雨が明けたと思ったら一気に35℃オーバーという...冷夏とかいってたやつ出て来い!と言いたくなる今年の夏。
3連休明けなら空いてるだろうと思い、涼しさを求めてキャンプ道具引っさげて行ってきました。

下準備を何もしてなかったので、手ごろな距離で、涼しくて、行ったことのある場所ということで平湯に決めました。

暑くなる前に距離を稼ぎたかったけど、昨日のアルコールのせいで出発は朝7時とやや遅め。
濃尾平野を抜けていくには遅い時間だったので、東の山の中を抜けていくことにしました。
c0185449_23344676.jpg


途中に寄ったコンビニでEV車用の充電施設を発見。何分くらいでフル充電できるんでしょうかね?
c0185449_23345389.jpg


愛知K11~R418と乗り継いで日本一暑いエリアを回避しつつ北を目指します。
流石に太陽が高くなってくると暑さも厳しくなってきました。田んぼの横って地味に暑いんですよね。
c0185449_23345824.jpg


ちなみに今日の装備はこれだけ。箱一個という1泊用コンパクトバージョンにしました。
c0185449_2335367.jpg


K68に合流後は真っ直ぐ行くだけじゃつまらないので笠置山に寄り道。
ここまで登ってくると風が気持ち良い程度には気温が下がってます。虫の大合唱を聞きながらブレイクタイム。
c0185449_2335726.jpg


R257で36℃という気温表示を見て心が折れそうになったり・・・当然走行は熱風を浴びながらです。
それでも岐阜県民は我慢強いのか、R257~R41では結構な数のバイクとすれ違いました。
c0185449_23351184.jpg


高山の手前でK87にそれて美女高原を抜けるルートにしました。
立体感のある白い雲、青々とした水田、冷たそうな川の流れ。癒される景色ですな。
c0185449_23351537.jpg


R156を使ってぐんぐん標高を上げて平湯に着く頃には25℃と心地よい気温まで下がってました。
一旦神の湯まで行って汗を流して15時にキャンプ場にIN。即効でテントを建てて木陰の芝生にごろり。
c0185449_23352589.jpg


晩飯前にひらゆの森で温泉に入ってると何処からともなく雷が。でも雨に降られることなく過ごせました。
夜になると一気に冷え込んできたので、念のために持ってきた長Tを着込んで何をするでもなくダラダラと。
シュラフにすっぽり包まっても暑さを感じることなく。久しぶりに心地よい眠りに落ちました。
c0185449_23353131.jpg



本日の走行距離:260km
[PR]

by tessaisan | 2010-07-26 00:19 | 東海
2010GW九州四国ツーリング 2010.05.05 その1
この日は普段より遅い5時半起床。早く出発しようと思ってホテルに泊まったのが裏目に出たか。。。
R57とR443の交差近くにあるホテルだけど快適過ぎるですよ。リラックスしすぎるのも考えモノかね?
c0185449_23493323.jpg


大津からミルクロードを上っていくと、K23の交差点を過ぎた辺りからいかにも阿蘇って感じの景色になってきます。
c0185449_23493762.jpg


今までは丁字路(T字路にあらず)で工事してた菊池スカイラインとの分岐も道が完成してました。
こっちの道の探索は後にして、観光客が動き出す前に阿蘇の道を堪能することにしましょう。
c0185449_23494218.jpg


まだひんやりとした空気の中ミルクロードを駆け抜けます。車も居ないし天気も良いし。最高!
c0185449_2349468.jpg


もう日の出の時刻はとっくに過ぎてるんで大観峰には寄らず、走りを楽しむことにします。
車では何回も来てるけどバイクでは初めてなんだよなー。去年は凄い雨で諦めたからね。
c0185449_23495076.jpg


とりあえず長者原までやまなみハイウェイを堪能しておきました。
途中で焼きもろこしとアイスを食べつつ幸せに浸る...安上がりな幸せだなw
c0185449_23495434.jpg


途中こんなわき道を見つけて入ってみたり。でも深追いはしません。
こういう道は昼でも車居ないから。メジャーな道路は空いてる今のうちに走っておかないとね。
c0185449_23495874.jpg


ひとしきり走り回った後は、雲が広がって来たので地図にあった池山水源って所に行ってみることに。
南阿蘇にある白川水源は有名だけど駐車場渋滞が起きるくらい物凄く混んでて、毎回パスしてきたのもあって。
水源ってのはそれ程のもんかねって半信半疑で来てみたけど、これはなかなか...というかかなり良い雰囲気。
c0185449_235046.jpg


まだ時間が早くてほとんど人が居ないってのもあるんだろうけど凄く落ち着ける空間。
マイナスイオンとかは信じてないけど流水ってのは良いもんだ。今日みたいに暑い日は特にね。
c0185449_23501198.jpg


空いてる頃を見計らって白川水源にも行ってみようかな?...って思わせてくれる良い所でした。
c0185449_23501597.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-07-20 00:29 | 2010GW九州四国ツーリング
2010GW九州四国ツーリング 2010.05.04 その3
K142に合流したら「白水橋の大つり橋」という看板があったので行ってみることにしました。
細い道を駆け上がること30分ほど。さらに駐車場から15分ほど歩くとつり橋が見えてきました。
c0185449_0204897.jpg


滝は二つあってそれぞれにつり橋が掛けられています。どちらも100m以上ある立派なつり橋でした。
山の斜面にあるおかげで高度感もバッチリ。しかも床板がアクリルなんで背筋がぞくぞくしますな。
c0185449_0205399.jpg


つり橋を後にしたらまたもや北上の開始です。R265に抜けたかったんで不土野峠手前で脇道にそれました。
c0185449_021718.jpg


九州最深部にいるんだと実感させるこの景色。県道ですらないこの道は落石の宝庫でした。
c0185449_0211224.jpg


とりあえず通れるようにしました的な復旧の仕方。通れるだけでもよしとしましょうか。
c0185449_0211779.jpg


R265も上椎葉ダムを越えてしまえば快走路にはやがわり。高森の手前までは一気にいけます。
オフ車殺しの溝が切ってあるアスファルトだけど、四輪のタイヤの場所だけ切ってあるという優しさがにくいですな。
c0185449_0212217.jpg


今回は今まで経験したことのない南の外輪山をしたかったのでK319へ。
井無田高原を越えた辺りから徐々に阿蘇らしい景色が広がってきました。
c0185449_0213166.jpg


外輪山ピークの清水峠はこんな感じ。電波等らしき物が建ってますがここからの景色はイマイチでした。
c0185449_0213695.jpg


峠からは南阿蘇の緩やかな斜面が一望できました。
c0185449_021502.jpg


阿蘇側の下りはこんな感じのうねうねくねくね道。
20年前の不良みたいなポマードびっしりの走り屋っぽいのが登って来たんで、その筋には有名な場所かも。
c0185449_0215488.jpg


この日は明日に備えて大津にあるホテルで休むことにしました。
熊本出身の上司オススメの鮮ど市場は残念ながらお休み。夜食はR57沿いのHiひろせで調達しました。
c0185449_0215834.jpg



本日の走行距離:330km
[PR]

by tessaisan | 2010-07-16 00:51 | 2010GW九州四国ツーリング
2010GW九州四国ツーリング 2010.05.04 その2
長島からR3-R504-K374と繋いで出水までやってきました。R447に抜けるときに見つけたのがこの町並み。
武家屋敷のようですがしっかり人が住んでます。でも観光地化されてないのかひっそりとして良い感じでした。
c0185449_2341423.jpg


大口からはR267で人吉へ。流石は九州。街毎に焼酎のメーカーがあり至る所に看板が出てます。
ここ大口には大口酒造株式会社。自分が好きで良く飲む黒伊佐錦のメーカーです(どうでもいいかw
c0185449_23414648.jpg


人吉から北に抜けるには幾つかルートがあります。その中で自分が選んだのは菊池人吉林道。
c0185449_23415186.jpg


ツーリングマップルにも書いてあるとおり山の尾根を豪快に駆け抜ける大規模林道でした。
周りには面白そうなダート林道が張り巡らされてるけど、今回の目的ではないので少し走って満足しました。
c0185449_23415563.jpg


白蔵峠からK142の白水に降りる道は若干狭くなってます。
北斜面で涼しいし湧き水もこの通りなんで熱々の自分にはありがたい。存分にクールダウンできました。
c0185449_2342013.jpg


途中ピンク色の綺麗な花が咲いてました。桜…じゃないよねぇ?
c0185449_23421191.jpg


こんな山奥に一軒だけ民家がありました。おばあさんが歩いていたのでどうやら住んでいる様子。
白水側の集落まではまだ何キロも山道を走る必要があります。不便さ以上に守るべきものでもあるのでしょう。
c0185449_23421594.jpg


今回のツーリング中に主に山中でよく見かけたこのオブジェ。なんざんしょ??
最初はキノコ的なものでも作ってるのかと思ったけど、あれは樹の外側に生えるものだしなぁ。
c0185449_2342214.jpg


特に何某の滝とは書いてなかったけど凄く立派な滝を発見。
こうして橋から写真を撮っててもばしばし飛沫が飛んでくる。だがそれがいい。
c0185449_23422669.jpg


林道に入ってから約2時間。やっと集落が見えてきました。
c0185449_23423052.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-07-14 00:47 | 2010GW九州四国ツーリング