タグ:紅葉 ( 9 ) タグの人気記事

V-Stromを慣らしに紅葉ツーリング 2010.11.03
突然ですがバイクを乗り換えました。

単気筒のオフ車を乗り継いだ自分が選んだのはアルプスローダーというジャンルでした。
自分が次に買うバイクに求めるのは以下の点。これらを満たすのとなるとこのカテゴリのマシンになるんですよね。
 1.ロングツーリングに向いてること
 2.荒れた道(頑張ればオフロードも)を走れること
 3.ツインであること
 4.窮屈なポジションでないこと
 5.国内メーカーの現行車種あること

それらを満たすバイクはこの5台でした。日本ではラインナップされてないものばっかだね~(;´Д`)
 HONDA TRANSALP
 YAMAHA TDM900
 SUZUKI V-Strom
 KAWASAKI Versys

で、結局選んだのがV-Strom650。09モデルをお手ごろ価格で買うことができました。
巷じゃ足付きが悪いだ何だと言われてるけど自分にとってはジャストサイズです。


すでに500kmほど走ってるけど慣らしを完遂すべく紅葉を見に行ってきました。

スタートが遅かったのと風防性能を確かめたかったんで郡上八幡までは高速で。
低回転からスムーズなエンジンだけど3,500rpmからの吹け上りはタマリマセンw
4,000rpmもまわせば90km/h巡航できるんで5,000rpm縛りの慣らし中でも高速巡航を楽々こなします。
c0185449_1926281.jpg


高速を下りたらR472で北上。まだ車も少なくてVツインの音を堪能しつつマイペースに。
でも途中にある2箇所の道の駅は何処から沸いてきた?ってくらい車で混雑してました。
c0185449_19263587.jpg


北上すると明け方まで降ってた雨で路面が濡れてたんでペースダウン。
気温もぐっと下がってきて5℃。暖かい格好をしてきたけど日陰だと寒いっす。
c0185449_1926416.jpg


紅葉の方は見頃でした。でも今年は黄色があんまり綺麗じゃない?
ちなみに西ウレ峠では3℃まで下がりました。それでもバイクの多いこと多いこと。
c0185449_19264854.jpg


雲の動きを見て東方面が良さそうだったんで高山をスルーしてR361へ。
c0185449_19265498.jpg


ちょっと雲が多くなってきたけど山全体が紅葉してて綺麗~♪
ここまでくれば道行く車もほとんど居なくなります。
c0185449_1927749.jpg


そのままR361で行ってもつまらないんでK435へ。
大渓谷の断崖を走るK441に行く予定がそのまま秋神温泉に行ってしまいました。
c0185449_19271396.jpg



ここでV-Stromのインプレといきましょう。

まずなんといってもデカイ!全長2,290mmシート高840mmで22Lタンク!リッタークラスとタメ張るサイズです。
でもVツインエンジンのおかげで意外にスリムな車体。ニーグリップしやすくて倒しこみも軽いです。
c0185449_19272091.jpg


フロントマスクは好き嫌いが分かれる釣り目の二灯。シールドのお陰で体にはほとんど風が当たらず疲れません。
でもカウル車ってちょっと違和感あったり。Uターンの時なんかハンドル切ってるのに真っ直ぐ行く気がして怖いw
c0185449_19272783.jpg


エンジンは645ccのVツイン。低回転から十分なトルクで排気音も凄く良いです。でもオイルクーラーの位置には??
燃費も25~27L/kmでジェベルと同じくらい!500km以上無給油で行ける計算になります。
c0185449_19273456.jpg


シートは一日乗ってもお尻が痛くならない優れもの。ジェベルは2時間でモジモジ君だったんでこれには感動しました。
アップライトなポジションもあいまって何処までも走って行けそうな感じ。まじでジャストサイズな一台。
c0185449_19274075.jpg



秋神温泉の辺りは紅葉が凄く綺麗でした。でも濡れた落ち葉がデンジャラスな感じ。
c0185449_19274748.jpg


しかも標高を上げていくと路肩には雪が積もってるよ・゜・(ノД`)・゜・
右手に見える御岳も真っ白で寒いっす。寒いと体が硬直して危ないですよね。
c0185449_19275395.jpg


長峰峠を越えて暖かい日差しに感謝しつつ乾いた路面にペースも上がります。
開田高原の紅葉も最盛期を迎えているようで高原全体が燃えるようでした。
c0185449_19275879.jpg


帰りも高速を・・・と思ったら10km近い渋滞表示が出てたんでいつもの下道で。
家の近くで無事1,000km達成。オイルを交換したら慣らし完了ですね。
c0185449_1928216.jpg


冬になるのでしばらくは近場がメインになるけど・・・早くキャンプツーリング行きて~。
[PR]

by tessaisan | 2010-11-07 19:43 | 東海
秋の長野の林道探索ツーリング 2009.10.12 その4
山田牧場に抜ける分岐のあるあたりまで下りて来ると周りの木々は見事に紅葉してました。
全体的に黄色っぽいのが多かったかな?PLフィルタが効きすぎて空が凄い色にw
c0185449_23541786.jpg


このあたりは割りと開けてるので360度見渡せます。視界に入る山がぜ~んぶ紅葉してる!
c0185449_2354227.jpg


登山道でもあるのか大きなザックを背負った人が燃える森に消えていきました。
c0185449_23542814.jpg


田の原湿原のあたりには写生する集団が。何時来ても居るのでメッカなんでしょうね。
c0185449_23543361.jpg


ここは国道を走る車の音も聞こえずノンビリ木道を歩く事ができます。癒しですな。
c0185449_23543782.jpg


白樺(だよね?これ)は散り際が美しい。そう思うのは自分だけでしょうか?
c0185449_23544250.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-01-27 23:53 | 甲信越
秋の長野で林道探索ツーリング 2009.10.11 その3
上信スカイラインを下って雲から抜け出すと中々見事な紅葉が広がってました。
ロングダートを走った後なんで結構お疲れモード。合羽を脱ぎつつ小休止しました。
c0185449_112147.jpg


長野市を見下ろすヘアピンからは北の空の雲が切れてるのが判りました。
まだ夕方前で山田牧場くらいなら日が落ちる前に着けるだろうってことで行ってみることに。
c0185449_11268.jpg


案の定、北に進むにつれ晴れ間が増えてきて牧場に着く頃には良い感じのお天気に。
今日は宿泊なんで利用しないけどキャンプ場にはたくさんのバイクが。なんかの集まりでしょうかね?
c0185449_113031.jpg


志賀高原に抜ける道からパチリ。このあたりの紅葉が一番綺麗でした。
c0185449_11347.jpg


志賀高原に行ってもまた雲に巻かれるだけなんで、今日は牧場を見下ろすこの高台でおしまい。
夕焼けというシチュエーションも手伝って真っ赤に燃える紅葉の高原牧場を独り占め。
c0185449_114034.jpg


c0185449_114421.jpg


この景色に似合うマシンだな~と思ったんで撮った一枚。
ロードスターとどっちが良いかといわれると大いに悩むけど・・・今はこっちかな?
c0185449_114934.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-01-16 01:20 | 甲信越
秋の長野で林道探索ツーリング 2009.10.11 その2
天気が良くないときは走りを楽しむに限る!ってことで湯沢林道を走ることに。
だいぶ手前にしか看板がない&途中まで舗装路だったんで不安になって暫くうろうろしちゃいました。
c0185449_19378.jpg


この橋が現れるまでは路面もフラットですこぶる走りやすいです。
ここは閻魔橋といって真っ赤な欄干が特徴的。見晴らしも良いので休憩場所にはもってこいです。
c0185449_194494.jpg


写真を撮りながら休憩してるとSUVに乗った夫婦が来たのでしばらく談笑。
ここから先は荒れてるらしくその人たちはここで引き返すとのこと。さ~盛り上がってまいりましたw
c0185449_195216.jpg


急な勾配で一気に高度を稼いだので右手の景色も荒々しいものに変わってきました。
c0185449_1101484.jpg


でも大きい石がゴロゴロしてるので景色に見とれてるとヒヤッとすることも。
c0185449_111282.jpg


さらに登っていくと紅葉が見事なことに。惜しむらくは快晴じゃなかったてことですね。
それと山の上にかかってる雲が嫌な感じ。これからあそこに突っ込むんですよね。。。
c0185449_1111215.jpg


登っていったら案の定雲に巻かれました。気温も一気に下がったんでここでカッパ装着です。
c0185449_1112133.jpg


毛無峠へ向かう道の途中に合流したものの辺りは深い霧の中。
どうせ毛無峠に行ったって何も見えなさそうなので上信スカイラインで下ることにしました。
c0185449_1113062.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-01-15 01:29 | 甲信越
秋の長野で林道探索ツーリング 2009.10.11 その1
朝起きるとあたり一面真っ白!?でも宿を出て走り出せば青空の世界。でもまたしばらく走ると真っ白。
どうやら非常に狭い範囲で至る所に濃霧が発生しているみたい。土地柄でしょうか?
c0185449_23244968.jpg


小諸からはチェリーパークラインで2,000mまで一気に高度を上げます。
この道は勾配がきついんでジェベルでもちとしんどい。ギア非の関係でシフトチェンジしまくりでした。
c0185449_23245431.jpg


車坂峠にある高峰高原ホテルの駐車場からは小諸を覆いつくす雲海が綺麗に見えました。
でも風が強いのもあって物凄く寒い!最終装備のカッパを着込んで珈琲を飲んで一息入れます。
c0185449_23245742.jpg


車坂峠からr94の湯ノ丸までは湯ノ丸高峰林道で行けます。この林道はオフロードというより舗装の悪い一般道。
普通のセダンでも問題なく走れるみたい。朝早いにも関わらず結構な数の車とすれ違いました。
c0185449_2325113.jpg


左手に佐久~小諸の市街地を見下ろす中々の展望道路ですねここ。色づき始めたカラマツも良い感じ。
c0185449_2325575.jpg


草津方面にどす黒い雲がかかってたんで菅平を通ってR406で須坂に下りることに。
このあたりは昔住んでた時に飽きるほど走ってるんで地図いらず。見覚えのある景色ばっかです。
天候の回復を待つついでに温泉に浸かりたかったんで松川渓谷を通って七味温泉に向かいました。
c0185449_23251989.jpg


やたら混んでる雷滝を華麗にスルーして七味温泉の旅館街から離れた湯元牧泉館へ。
と、湯元牧泉館の手前に今までなかった温泉ができてるではありませんか。今日はこっちにしましょう。
c0185449_2325971.jpg


ここは『恵の湯』というそうで入浴料は500円でした。お風呂は見ての通り露天のみ。
天気がイマイチなのは残念だけど紅葉に囲まれて温めのお湯にいつまでも浸かっていたい(*´Д`*)
鉄分が沈んでいるらしく「お尻と足の裏が黒くなりますよ」って言われたとおりお尻真っ黒になりましたw
c0185449_23251492.jpg


ちなみにここは周期的に男湯と女湯が入れ替わります。後日来た時はもう一つのもっと小さいお風呂でした。
上の写真は正面から見て右側のお風呂でこっちの方が広いです。



[PR]

by tessaisan | 2010-01-13 23:23 | 甲信越
隊長と行く黒豆の里ドライブ 2009.11.15 その3
お昼ごはんも食べてぼちぼち帰りますか~。来た道を走ってもつまんなので少し西よりを周ることにしました。
少し南下したらR429へ。しっかりした道・・・の割には路上河川が横切ってるし、法面や川の壁面がごっそり削られてる。
大規模な災害でもあったんかな?んで一番立派そうな道路をとりあえず通れるようにしました的な感じ。
c0185449_1754062.jpg


走ってると川沿いにある民家の壁が崩れてたり、養鶏場っぽいのが壊滅してたりとかなりの被害があったものと思われ。
c0185449_17542358.jpg


紅葉の名所(らしい)福地渓谷もごらんの有様。斜面がはがれて広場が石で埋まってました。
そこかしこにある紅葉は綺麗でしたが、これではお客は呼べませんね。復旧にも時間が掛かりそうです。
c0185449_17542971.jpg


帰りの高速に乗り前に「もみじ祭り」のノボリを見つけたので、狭い道を迷いつつも寄り道しました。
ここは宍粟市の最上山公園というところで、真っ赤な紅葉がいっぱい植わってました。
c0185449_17543648.jpg


張り紙を見ると17:00~ライトアップするそうで、この日は丁度期間内。この時点で16:30。
30分くらいぶらぶらしてると次第にお客さんも増えてきましたが・・・一向にライトがつく気配はなく(´・ω・`)
c0185449_1754491.jpg


時間帯が悪く噂の「宝塚TNを先頭に~」にガッツリ巻き込まれつつも大阪へ帰還。
その後は22:00にも拘らず渋滞してる東名阪を避けて、久しぶりに名神での帰宅となりました。

この日の走行距離:720km
[PR]

by tessaisan | 2009-11-29 18:25 | 近畿
隊長と行く黒豆の里ドライブ 2009.11.15 その1
久しくお会いしていないあのお方と共に紅葉を楽しんできました。
出発が遅れたとはいえ7時前に東名阪が渋滞しているとは。。。少し遅刻してしまいました。
c0185449_0595854.jpg


隊長をピックアップしたら最初の目的地である丹波の高源寺へ。朝10時の時点でも駐車場に余裕がありました。
300円の拝観料を払って中に入ります。団体客の後ろについてちょろまかそうと画策したのはナイショだw
c0185449_10357.jpg


紅葉自体は最盛期を過ぎてて若干寂しい感じでしたが、まだまだ色鮮やかな木が綺麗でした。
c0185449_10986.jpg


苔むした石垣に池を配した庭園風の庭。前日の雨でしっとりとした空気が気持ち良かったです。
c0185449_101437.jpg


足元には真っ赤な紅葉の絨毯。全開の紅葉も良いけど終わりかけの感じも好きです。滑りやすいのが玉に瑕ですが。
c0185449_102035.jpg


一番奥には三重塔。写真を撮りながらゆっくり一周するとだいたい1時間くらいになります。
入り口付近には焼き魚、黒豆、地元の野菜などの露天が出ててそっちを楽しむのも良いかも。
c0185449_102551.jpg


天気は下り坂どころか気持ちの良い青空が広がってきました。次なるスポットに向かいましょう。
c0185449_103032.jpg


[PR]

by tessaisan | 2009-11-24 01:28 | 近畿
初のロンツーは富士山へ 2008.11.23 その1
氷点下に冷え込んだ朝はエンジンを掛けることから始まりました。
この気温だとまー掛かりの悪いこと悪いこと(´;ω;`)さすがラテンのマシンですわ。

身を切るような寒さのなか富士山に向かって快調に飛ばします。
今日はオバパン装着済みなので寒くないのですよ(ΦωΦ)フフフ・・・
c0185449_23354460.jpg


山道に入る前にこの旅初めての給油となりました。320km走って8L弱。40km/Lですな。
富士山の周りって不思議と面白い雲が多い気がする。気がするだけかな?
c0185449_23354947.jpg


この道はR52だったかな?すこぶる気持ち良い道でした。
でもここはロドスタでもちっと速いペースで走ったほうが気持ち良いかも。
c0185449_23355441.jpg


r9から本栖みちに入ると・・・(((( ゚Д゚))))サムゥ。道の駅であつあつの珈琲でも飲まんとやっとれん。
いざ走り出すと・・・本栖みちの登りはこのマシンじゃきついわ。エンジンが唸る唸る(笑)
c0185449_23355985.jpg


写真じゃわかりにくいけど朝日を浴びる紅葉がものっそ綺麗だったっす。
遅いなりにもうねうね楽しい道のためコレ以降写真はなーし。純粋に走りを楽しめました。
c0185449_2336588.jpg


トンネルを抜けたところのパーキングで体を解凍しながら富士山をパチリ。むー思いっきり逆光です。
c0185449_23361185.jpg


それでも湖畔の紅葉は綺麗でしたよ。
写真には写っていないけど連休だけあって背後には人がうじゃうじゃいました。
c0185449_2336177.jpg


このまま国道を走っていくのも勿体無かったんで湖畔の道をテコテコ走って富士山に向かいました。
c0185449_23362273.jpg


[PR]

by tessaisan | 2009-01-05 23:35 | 甲信越
初のロンツーは富士山へ 2008.11.22 その1
北海道ドライブは少しお休みして11月の連休に行ってきたツーリングの報告なんぞ。

金曜のお昼に『四国へ行こう』と思ったのが発端なんですがさすがに3日では駆け足過ぎる。
連休最終部の月曜は雨らしいんで、一泊で回ってこれて最近行ってないところがいい。
ということでまだ紅葉も楽しめそうな富士山にしました。

今回の旅のお供はこっち。2週間前に買って300kmくらい走ってるけどロンツーは今回が初めて。
一日にどれだけ走れるかわからないけど最悪3日目を使っても良いし。まぁ何とかなるでしょうってことで。
c0185449_11271855.jpg


富士山への道のりも東海道ピストンじゃつまらないんで北に進路をとりました。
まだ運転に自信が無いんで車の少なくてそこそこ楽しめる道を選びながらね。
c0185449_11273860.jpg


平地でも3桁km/hは厳しいし登りだと明らかに失速するこのマシン。
でもどんな道でもトコトコ入っていけるし、ちょっとした路肩に停めてこんな景色を楽しめるのは(・∀・)ィィ!
c0185449_11274985.jpg


矢作ダムの周回道路も速く走ることはできないけどリズムよく走れて個人的には満足。
途中の紅葉が綺麗なところに止めて珈琲タイム。あー熱い珈琲が美味しい(*´ω`)
c0185449_11275585.jpg


さすがにこの時期の長野県境の峠は寒い寒い。この時点での気温は2℃だもの。
停まってると暖かいんだけど走り出すと指先がヤヴァイ。あと股間が妙に寒い。
c0185449_1128079.jpg


路肩に雪を見た時はさすがにびびったけど引き返すほどではなし。
なぁに最悪凍ってても二足二輪で走っていけば良いのですよ。このマシン軽いし。
c0185449_1128762.jpg


長い登りにエンジンを唸らせながらやっとこさの峠越え。この道を下れば飯田の街です。
c0185449_11281224.jpg


[PR]

by tessaisan | 2008-12-27 11:55 | 甲信越