タグ:温泉 ( 3 ) タグの人気記事

2010GW九州四国ツーリング 2010.05.02 その2
降り積もる灰でやたらスリリングな島の東側を抜けて海沿いのK26を西に向かいます。
海の向こうに鹿児島の市街地が見えますね。地図だと5kmくらいなのにうっすらとしか見えないのが残念。
c0185449_23564965.jpg


湯之平展望台の駐車場は混んでたけどバイクはスルーでした。
ここでフェリーで一緒になったライダーさんと再会。やっぱみんな同じようなルートで廻るんですね。
c0185449_23571973.jpg


垂水の漁港で昼飯を食った後はR220を南下。バイパスの分岐を過ぎてすぐのところにこの温泉はありました。
その名も「テイエム牧場温泉」。テイエムオペラオーの馬主さんの施設らしいです。お値段330円なり。
c0185449_2357319.jpg


温泉は成分が固まってえらいことにwぬるめのお湯で少し金属っぽい匂いがしました。
ちなみにお一人様用のひょうたん型の露天も2個あります。目の前斜面という変なロケーションだったけどw
c0185449_23573721.jpg


風呂上りに涼みつつGL乗りの人とお喋り。何でこんなマイナーな場所知ってるの?ってびっくりされました。
でも良い温泉でしょーって。その人は九州に来たら必ずここに寄るそうです。確かに良い温泉でした。
その後は南に向かってひたすら海岸線を南下。結構交通量があってノンビリしたペースでした。
c0185449_23574611.jpg


佐多岬ロードパークに入ると周りが南国の植物で覆われてきました。
佐多の街から南は結構走りが楽しめる道だった気がします。
c0185449_23575186.jpg


佐多岬へは駐車場からこんな感じの道を15分くらい歩きます。アップダウンが結構キツイ道のりでした。
途中DVカメラ持ったライダーとすれ違ったけど構えながら歩くのは如何かと。ひじょーに怪しいぞw
c0185449_2357572.jpg


んで岬に着いたもののさしたる感慨もなく。さくっと引き返してきました。
c0185449_2358296.jpg


この日のキャンプ地は「さたでいランド」で少しお高めの1,050円なり。乗入れ自由で管理棟で飯も食べられます。
景色は良いし空いてるんで海沿いにある「神川」よりオススメかも。あっちは混んでたみたいだから。
c0185449_2358698.jpg


この夜は岸和田から来たトリッカー乗りの人から”だんじり”について色々聞かせてもらいました。
ツーリングを趣味にする者同士話が尽きず、やたらデカイつけあげをつまみに夜遅くまで語らいましたとさ。
c0185449_23581176.jpg



本日の走行距離:210km
[PR]

by tessaisan | 2010-05-31 23:56 | 2010GW九州四国ツーリング
山中の秘湯を目指して 2010.05.06
あまりにも良いお天気だったんで、かねてから行きたいと思っていた温泉に行ってきました。
GWにあんだけ走っておいてまだ走るか!って感じですがw久しぶりの空荷だしね(理由になってない
c0185449_23361346.jpg


R419-R363-K20-K66といういつもの道で恵那に出たらR19で北上。
昼には20℃を越える予報だけどまだ朝早いせいか肌寒い。この時期は着る物に悩みますね。
c0185449_2347104.jpg


乙姫大橋から見る田んぼにも水が入って良い感じ。でも鏡面とはいかず。
あれは特殊な条件でしか起こらないのか?太陽高度が低いとか若干太陽が隠れてるとか。
c0185449_23471542.jpg


雪をかぶった山を見ると長野に来たーって感じがするのは俺だけ?開田高原を目指します。
c0185449_23362632.jpg


真っ白の御岳が綺麗だったので迷わず霊峰ラインへ。いつものパノラマラインへは行かずブルーラインへ行ったけどイマイチ。
道も景色はパノラマラインには適いませんな。ただ道端でノンビリするならこっち。ついでにお昼にしました。
c0185449_23363043.jpg


その後はR361に合流して高山方面へ。GW明けとあってかほとんどバイク、車に会いませんでした。
c0185449_23363447.jpg


ちょろっとわき道に入って進むことしばし。お目当ての温泉にとうちゃ~く。
何年か前に廃業したんだけど今も地元の人が維持してくれている温泉です。
c0185449_2336396.jpg


お湯は黄褐色に濁っていて温泉の成分で周りがえらいことになっとりますw
桶やタオルが有ったりしてよく使われているっぽい。かなり綺麗でした。
c0185449_23364670.jpg


手突っ込んだらぬるめだけど入れそうだったので浸かってみた(まさかのセルフタイマーw
川のせせらぎと鳥のさえずり。あとは温泉が噴出す音を聞きながらいつまでも入っていられそう。
c0185449_23365132.jpg


匂いは鉄っぽいような若干酸っぱいような匂い。この色の温泉によくある匂いでした。
写真で遊んだ後は40~50分くらい入ってたかな?帰りの時間もあるんで後ろ髪惹かれる思いで入浴終了。
c0185449_23365638.jpg


来た道を戻ってもしょうがないので鈴蘭高原をまわって帰ることに。
途中に桜っぽい花が散りかけで残ってたけど何でしょうね?桜ってこんな時期まで咲くか?
c0185449_23371100.jpg


鈴蘭峠ではなんかのミーティングか知らないけど20台くらいのバイクが終結してたんでスルー。
もう一箇所くらい入っていこうと思ったけど200kmもある帰路を考えてやめておきました。
c0185449_2337540.jpg


帰りはR41と併走するK88で下呂市街を回避。農家の人が一生懸命田植えしてました。
c0185449_2337930.jpg


最近はK88-R257-広域農道-K72-K68で恵那に戻ってくるのが定番コース。
朝と同じく日が傾くと一気に冷えてきたんで帰路を急ぎました。
c0185449_23371521.jpg


結局この日は410kmのロングラン。それで13.4Lだったんで30.6km/Lで過去最高(低?)燃費でした。
お湯もGoodで雰囲気が最高の温泉でした。地元の人には感謝です。いつもでもあの姿であり続けて欲しいですね。
c0185449_23371842.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-05-16 23:35 | 東海
秋の長野で林道探索ツーリング 2009.10.11 その1
朝起きるとあたり一面真っ白!?でも宿を出て走り出せば青空の世界。でもまたしばらく走ると真っ白。
どうやら非常に狭い範囲で至る所に濃霧が発生しているみたい。土地柄でしょうか?
c0185449_23244968.jpg


小諸からはチェリーパークラインで2,000mまで一気に高度を上げます。
この道は勾配がきついんでジェベルでもちとしんどい。ギア非の関係でシフトチェンジしまくりでした。
c0185449_23245431.jpg


車坂峠にある高峰高原ホテルの駐車場からは小諸を覆いつくす雲海が綺麗に見えました。
でも風が強いのもあって物凄く寒い!最終装備のカッパを着込んで珈琲を飲んで一息入れます。
c0185449_23245742.jpg


車坂峠からr94の湯ノ丸までは湯ノ丸高峰林道で行けます。この林道はオフロードというより舗装の悪い一般道。
普通のセダンでも問題なく走れるみたい。朝早いにも関わらず結構な数の車とすれ違いました。
c0185449_2325113.jpg


左手に佐久~小諸の市街地を見下ろす中々の展望道路ですねここ。色づき始めたカラマツも良い感じ。
c0185449_2325575.jpg


草津方面にどす黒い雲がかかってたんで菅平を通ってR406で須坂に下りることに。
このあたりは昔住んでた時に飽きるほど走ってるんで地図いらず。見覚えのある景色ばっかです。
天候の回復を待つついでに温泉に浸かりたかったんで松川渓谷を通って七味温泉に向かいました。
c0185449_23251989.jpg


やたら混んでる雷滝を華麗にスルーして七味温泉の旅館街から離れた湯元牧泉館へ。
と、湯元牧泉館の手前に今までなかった温泉ができてるではありませんか。今日はこっちにしましょう。
c0185449_2325971.jpg


ここは『恵の湯』というそうで入浴料は500円でした。お風呂は見ての通り露天のみ。
天気がイマイチなのは残念だけど紅葉に囲まれて温めのお湯にいつまでも浸かっていたい(*´Д`*)
鉄分が沈んでいるらしく「お尻と足の裏が黒くなりますよ」って言われたとおりお尻真っ黒になりましたw
c0185449_23251492.jpg


ちなみにここは周期的に男湯と女湯が入れ替わります。後日来た時はもう一つのもっと小さいお風呂でした。
上の写真は正面から見て右側のお風呂でこっちの方が広いです。



[PR]

by tessaisan | 2010-01-13 23:23 | 甲信越