タグ:島 ( 16 ) タグの人気記事

2010夏の四国一気走りツーリング 2010.08.16
予報どおり今日も良い天気。とはいえ少し遅めの起床で朝8時に出発です。
まずは最近できたと思われる宇和島道路で津島高田ICまで一気に南下。
c0185449_05541100.jpg


その後は透明度の高い海を右手に眺めながらR56を南下していきます。
c0185449_0554894.jpg


途中の御荘という街の外れにある松軒山公園というところに登ってみました。
ここは外泊方面が見渡せてなかなか良いところでした。ただし道は狭かったです。
c0185449_055528.jpg


R321にスイッチしてK43へ分岐したら一路柏島に向かいます。
さらに道をそれて怖いくらい細い道を進んだ先にあったのは大堂海岸展望台。
c0185449_056343.jpg


この辺りの道は迷路のようになっていてかなり迷いまくりました。
c0185449_056884.jpg


やっとこさ辿り着いた一切休憩所。ここからは柏島がよーく見えました。
c0185449_0561210.jpg


島自体は一切休憩所より更に進んだ先の道から見るのが一番綺麗。
c0185449_0561686.jpg


c0185449_0562073.jpg


どうやらこの辺りは遠浅の海水浴場になっているらしく水着姿の人がちらほら。
堂々とカメラを出すのがためらわれるシチュエーションでしたw
c0185449_0562420.jpg


R321が次に海に出るとそこは足摺サニーロード。
ここ最高!すこぶる気持ちが良いドライビングロードでした。
c0185449_0562865.jpg


一度やってみたかった四万十川の溯上。
左岸は主要道指定で車が多そうなんで右岸にしたらこれがまた狭い。四国の道舐めてました。
c0185449_0563316.jpg


有名な沈下橋は国道から割りと近くにありました。
思ったより高さがあって車だと結構怖い。ロドスタは見切りも悪いしね。
c0185449_0563751.jpg


もう右岸の道は懲りたんで左岸にしたらこっちも結構狭い。
しかもダンプが結構な頻度で来るんで気を使います。

四万十川には沈下橋が幾つかあるけど何かしら目印があるんで判りやすい。
ちなみにここの自販機は壊れてた。お金入れる前に教えてくれた工事のおっさんありがとう。
c0185449_0564225.jpg


このまま高知方面に抜けたかったけど地図を見ると道がない。
予定を変更してGWに見逃した夕焼けこやけラインの夕日を見に行くことに。
c0185449_0564693.jpg


R381-R320-R56とつないで八幡浜を目指します。
西の海岸沿いに着いたのは太陽が傾いた夕方5時。
c0185449_05717.jpg


夕暮れの海岸線ってのは気持ち良いですね。山じゃこれは味わえない。
c0185449_057589.jpg


ちょうど良い時間に駅に着きました。ここは有名ですね。
連休のせいかカメラを持った人が何人か居ました。
c0185449_057935.jpg


しばらくボーっと海を眺めて、渋滞を避けるべく夜を徹して高速で帰ってきました。
c0185449_0571280.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-10-20 01:02 | 2010夏の四国一気走りツーリング
2010GW九州四国ツーリング 2010.05.04 その1
夜中のうちに地元のグループっぽいのが騒いでて起きたけど、耳栓持ってきてたんで快眠できました。
というわけで朝の5時30分にバッチリ起床。若干山の陰なんで日が当たるまで時間がありそうです。
c0185449_0342877.jpg


棒ラーメン+残り野菜という定番な朝飯を平らげた後、周りを少しお散歩することに。
ここは小さな入り江になっていて、端っこの船着場の防波堤で釣りをする人が居ました。
c0185449_0343681.jpg


朝日も入ってきてテントを乾かして撤収作業をしてると朝7時30分。そろそろ出発しましょう。
c0185449_0344219.jpg


ツーリングマップルに載っていた針尾公園というところに来てみました。
今日もあいにくの霞み空で遠くの展望は望めない。クリアな日に来るとそれはそれは綺麗だそうです。
c0185449_0345122.jpg


右手に見えるのは伊唐大橋。なんかかっちょいい形だったんで渡ってみることにしました。
c0185449_0344681.jpg


この島はジャガイモ畑が多いのかな?島全体に広る畑を縫うように道が走ってます。
c0185449_0345578.jpg


島の北端に伸びる道が確認できたので行ってみることに。ちょっと車では遠慮したい道ですね。
c0185449_035275.jpg


北端は海苔でも取ってそうな砂利の浜になっていました。密漁禁止的な看板もあったような。
ちなみにここはバイクで降りれます・・・が、砂地の急坂で戻るのに苦労するのでやめましょう(泣)
c0185449_035656.jpg


残念ながら島々を見渡せるようなポイントを見つけることはできませんでした。
このままフェリーで天草に渡っても良かったけど、未開の地「人吉」に行くことにしました。
c0185449_0351164.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-07-12 00:48 | 2010GW九州四国ツーリング
2009秋の九州弾丸ツーリング 2009.09.19 その3
橋を渡った先のわき道に入って高台からパチリ。日本らしく無駄に立派な橋ですなぁ。
c0185449_23575884.jpg


まずはTの字にになっている島の道を南へ。細い道に入ったりしたけど景色が開ける場所はありませんでした。
帰ってきて地図を見返したところ、南東の方に行けば福島の方が良く見えたかもしれません。
c0185449_2358597.jpg


今度は島の北にあるモンゴル村って所へ。この島で一番景色が良いのはこの施設かも。
近くの夕映キャンプ場は波打ち際の芝生のサイト。ロケーションは良いけどただの空き地にしか見えなかった。。。
c0185449_2358953.jpg


いろは島展望台からは小さな島々が見えて良いんだけど、逆光なのが残念でした。
c0185449_23582191.jpg


あとこの九十九折の道から見える棚田も凄いです。稲刈りの前に来たかったな。
c0185449_23581635.jpg


3troyさんの記事を思い出して福島大橋を渡って白岳展望所へ行ってみました。
駐車場からは結構な急坂で蜘蛛の巣がわんさか('A`)しかも強風でかき混ぜられた緑色の海ときたもんだ。・゚・(ノД`)・゚・。
c0185449_23582531.jpg


強風が暴風に変わる中海岸沿いをさらに西へ進んで、下見もかねて中瀬草原キャンプ場へ。
風をもろに受けるサイトで凄い風でした。でもそんな中テントを設営してたハーレー軍団には恐れ入った。
c0185449_23583147.jpg


この後は予約しておいたホテルへ。夕焼けは見たかったけど睡眠欲に負けて一眠りして起きたら20:00でしたとさ。

本日の走行距離:1,040km
[PR]

by tessaisan | 2009-11-23 23:56 | 2009秋の九州弾丸ツーリング
2009GW隠岐島前を目指す旅 2009.05.08 その5
向こうに見えるのは一昨日まで居た知夫里島の赤ハゲ山でしょうか?
c0185449_059422.jpg


残念ながらゲートがあってこの先には進めませんでした。海峡を見たかったんだけどね・・・残念。
c0185449_0591690.jpg


隠岐島前の3島は、もともとは1つの島が沈下してできたそうです。確かに地図を見るとそんな感じだ。
それにしても海の色が本当に綺麗。日本海らしい深い青です。
c0185449_0592179.jpg


短いなりにも堪能できた知夫里島と西ノ島。本州に戻るときがやってきました。
少し早く着きすぎたけど、近くの土産物屋の主人が旅好き(&鉄好き)だったんで退屈せずにすごせました。
c0185449_0593039.jpg


本州に戻ってきて境港からR431を南下する途中、夕日が綺麗だったので弓ヶ浜に寄ってみました。
c0185449_0593584.jpg


そして振り返ると大山がどっしりと構えてました。明日はあの山に行ってみよう。
この日は一日中歩きっぱなしだったので皆生温泉でゆっくり疲れを癒しました。
c0185449_0594042.jpg


本日の走行距離:86km
[PR]

by tessaisan | 2009-08-12 01:18 | 2009GW隠岐島前を目指す旅
2009GW隠岐島前を目指す旅 2009.05.08 その4
十分楽しんだので下るとしましょう。帰りは牛や馬の写真を撮りながらでも20分くらいでした。
c0185449_0354797.jpg


魔天崖の展望台へは下の展望台からも道が伸びてるんでバイクや車でも登れます。
c0185449_0355422.jpg


30分掛けて登った道のりもバイクだと5分。実際に歩いて下って車で迎えに来てもらう人も多いんだとか。
c0185449_035597.jpg


展望台からの景色はさっき十分堪能したからどうでも良いんだけど、途中の道から見る景色は中々のもの。
c0185449_036685.jpg


赤尾展望台への分岐はスルーしてさらに南へ。地図を見ると良く判る尾根沿いの道を行きます。
c0185449_0361275.jpg


この丘の上にあるのが鬼舞展望台で普通の人はこっち。でも道が続いてたらとりあえず行ってみる!
c0185449_0361799.jpg


ダートをしばらく走った先にはスバラシイ景色が広がってました。あぁ来て良かった。晴れてくれて良かった。
c0185449_0362164.jpg


[PR]

by tessaisan | 2009-08-07 00:55 | 2009GW隠岐島前を目指す旅
2009GW隠岐島前を目指す旅 2009.05.07 その2
あいにくの曇り空なのでとりあえず下見がてら島中を見てまわることにしました。
西ノ島といえば魔天崖。ってことで走ってきたけどアブ(?)が多すぎ!至る所でホバリングしてて怖い!!
c0185449_233130.jpg


摩天崖を見下ろす展望所まで上がってきました。ここも明日来るのでちら見だけ。
c0185449_233683.jpg


下る道は中々の展望コース。少しだけ晴れ間が見えました。
c0185449_234069.jpg


そして焼火林道へ。島前の3島はこの焼火山を中心としたカルデラなんだそうです。
c0185449_234617.jpg


Kさんからこの島のキャンプ場は壊滅中だって聞いてたけど念のため観光協会に確認。
聞いたらやっぱりキャンプ場は2つとも×。「事情が事情なので・・・」ということでテントを張れそうな所を教えてくれました。
風呂のない知夫里島。キャンプ場のない西ノ島。見所のない(?)中ノ島。ってところでしょうか。

でも西ノ島は島の中心あたりに立派なスーパーがあるんで食べ物には苦労しませんよ。
食料を調達して国賀荘って所で風呂入って、天気も悪いんでKさんオススメの場所に早々とテントを張りました。

早々と御飯を食べたら後はテント内でだらだら。暑くなったんで外に出てみるとなんか西の空が明るい。
慌ててバイクに乗って西海岸になる国賀海岸に向かうと、真っ赤に焼けた空が雲の隙間から覗いてました。
もう少し早く気づいていれば真ん中にある石柱がローソクのように燃える様を見られたかもね。
c0185449_23502.jpg


本日の走行距離 :95km
[PR]

by tessaisan | 2009-07-11 02:30 | 2009GW隠岐島前を目指す旅
2009GW隠岐島前を目指す旅 2009.05.07 その1
この日は朝4時30分に鳥の鳴き声で起きました。さすがに眠いっす。
こういう所って静かなイメージがあるんだけど、実際は鳥や動物の鳴き声で凄く賑やかなんです。
c0185449_1351312.jpg


朝もやの中を散歩しつつ朝日を待ってたんですが、東の方は雲が掛かってて日の出は見れませんでした。
c0185449_135174.jpg


その後はKさんも起きてきて一緒に朝ごはん。食後のお茶を飲みながらだらだらと過ごしました。
外が明るくなったので外に出てみると、何処からともなく牛さん達が朝ごはんを食べに集まってきました。
c0185449_1352122.jpg


その後もだらだらして時刻は朝の9時。そろそろフェリーに乗るために港に行かないといけません。
Kさんはもう一泊するそうなのでここでお別れです。お互い旅の無事を祈って別れました。Kさんありがとう。
c0185449_1352550.jpg


帰り道にふと下を見るとユニークなマンホールを見つけました。こういうちょっとした発見が面白い♪
c0185449_1353198.jpg


知夫里島から西ノ島へは「フェリーどうぜん」を利用します。隠岐汽船よりも本数が多いし安いのです。
c0185449_1353697.jpg


船の形も変わってます。1フロアのみの構成で真ん中が車両スペースになってて両脇に船室がありました。
知夫里島の来居港から西ノ島の別府港へは約30分。一眠りする間もなく到着です。
c0185449_1354036.jpg


[PR]

by tessaisan | 2009-07-09 01:53 | 2009GW隠岐島前を目指す旅
2009GW隠岐島前を目指す旅 2009.05.06 その5
この道は島の裏側になるし途中の牛トラップもあるんで、普通の観光客は来ないでしょう。
c0185449_0281611.jpg


赤ハゲ山を取り囲むように走る道も一箇所だけ枝道があります。それが島の最北端に至る道。
その道の先にはフラットに近い丘が広がっていて知夫里島と西ノ島の海峡が一望できました。
後でKさんに聞いた話だとここで見る夕焼けが最高との事。つぎ来た時はここでのんびりしようかな。
c0185449_0284338.jpg


商店に行く前にこの島唯一の湧き水スポットで水の補給。赤ハゲ山の上の水道は飲んじゃダメなんだそうです。
新鮮な魚介を求めて商店に行ったものの肉も魚も冷凍モノばかり┐( ´Д`)┌ 釣りに行ってるKさんに期待しましょう。
c0185449_0292695.jpg


水と食料を仕入れて帰ってきました。とりあえず邪魔な荷物を休憩室に放り込んで小休止。
ここ赤ハゲ山はどこでもテントを張って良いらしいんですが、野大根や牛があんなにワンサカでは張れません。
夕方過ぎれば誰も来ないそうなので今晩はここを使わせてもらうことにしました。
c0185449_0295794.jpg


Kさんが帰ってくるまでは暇なので、山頂をぶらぶらしながら360度の景色を楽しみました。
c0185449_030238.jpg


日が沈むにつれてどこからともなくツバメ(?)が集まってきてびゅんびゅん飛び回ってます。
風きり音が聞こえるくらい低空飛行したと思ったら一気に高みへ。飛ぶのを楽しんでる感じ。人間でいったら走り屋さんだ。
c0185449_0304281.jpg


綺麗な夕焼けは雲に阻まれて見れなかったけど、今回のツーリングで一番心に残った数時間だったかも。
思えば家を出てから1日300km前後は走ってたはず。久しぶりにのんびりした気がします。
c0185449_0312139.jpg


戻ってきたKさんは残念ながら坊主だったようで。俺と同じく商店で食材を仕入れてきてました。
びっくりしたのはKさんが小型の中華鍋を持ってたこと。バイクキャンプで麻婆豆腐作る人初めて見たw
飯を食べた後はお互い今まで行った所の話や馬鹿話をつまみに夜遅くまで語らいました。
c0185449_0314986.jpg


本日の走行距離 :70km
[PR]

by tessaisan | 2009-06-29 01:16 | 2009GW隠岐島前を目指す旅
2009GW隠岐島前を目指す旅 2009.05.06 その4
赤ハゲ山の山頂には駐車場と展望台があって周りには野大根の花が咲き乱れていました(´ω`)
c0185449_1233023.jpg


ここから見る景色の素晴らしいことよ♪海を隔ててお隣の西ノ島が一望できます。
c0185449_1233572.jpg


反対側には今まで登ってきた道と広がる牧草地。起伏に富んだ島の形と複雑な海岸線が美しい。
c0185449_1234046.jpg


ここで朝この島に着いたときに港であったKさんと再会。この人かなりのベテランで何でも知ってます。
Kさん情報ではこの島の商店は早く閉まるということなので買出し&水補給に行くことにしました。
c0185449_1234571.jpg


山頂に上ってくる途中に別の下り道を見つけていたのでそっちに進んでみました。
こういう時バイクだと気軽に行けるんで良いですね。最悪行き止まりでもさくっとUターンできるし。
c0185449_1234921.jpg


牛が現れた!!ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎヾ((;´・ω・)ノぁゎゎ
c0185449_123555.jpg


この道が大当たり。牧草地の真ん中をぐんぐん下って目の前には海。そしてその向こうには西ノ島。
当初は”ついで”だったこの知夫里島。こういうサプライズがあるから旅がやめられないんでしょうね。
c0185449_124057.jpg


[PR]

by tessaisan | 2009-06-24 01:49 | 2009GW隠岐島前を目指す旅
2009GW隠岐島前を目指す旅 2009.05.06 その3
赤壁の展望所の脇はこーんな気持ち良い丘があって自由に歩き回れます。
駆け回るもよし。寝っころがるもよし。ちなみにここには牛糞はないのでご安心を。
c0185449_285933.jpg


んで展望所はこんな感じ。ランチをここで食べるのも良いかもしれませんね。
c0185449_291557.jpg


自分が建ってる場所はこんな断崖の上なわけで。煽られたらまっ逆さまっす。
c0185449_29432.jpg


結局この日は夕焼けがなかったので来なかったけど、ここが文字通り真っ赤に染まる姿も見てみたい。
c0185449_291026.jpg


赤ハゲ山は全体が牧場になっていて至る所に牛がいます。なので至る所に糞が落ちてます。
c0185449_29213.jpg


いくつも枝分かれした道すべてをトレースして走ります。この天気でこの景色。最高に気持ち良い。
c0185449_292628.jpg


さてそろそろ山頂に向かうとしますか。
c0185449_293110.jpg


[PR]

by tessaisan | 2009-06-22 02:22 | 2009GW隠岐島前を目指す旅