カテゴリ:2009二輪で駆ける北海道の夏( 10 )

2009二輪で駆ける北海道の夏 2009.07.20 その5
オフロードバイクできたからには一箇所だけ行っておく場所がありました。
それがこの飽別白水林道です。R240から入れるんだけどちょっと入り口がわかりにくいかも。
c0185449_2301277.jpg


北海道は林道も真っ直ぐなのか!って感じの気持ちの良い直線ダート。
普通に60km/hとか出ますな。でも鹿とか飛び出してきたら嫌なんでおとなしく走ります。
c0185449_2301761.jpg


南の方が崩れてるっていう情報があったんで北から進入したんですがこの有様w
バイクなら脇を抜けられるけど車は難しいかな?お陰で一台もバイク、車に会いませんでした。
c0185449_2302229.jpg


この林道のハイライトはこの景色。これは凄い。阿寒岳を一望。オンネトーからも良いけどここも良い。
左手には見渡す限りの原生林が広がってていつまでも眺めていたい景色でした…熊とか怖かったけどね。
c0185449_2302766.jpg


峠付近はこんな感じの気持ちの良い道が続いてました。
c0185449_2303499.jpg


森の中に入ってもこんな感じの神秘的なスポットがあちこちにあるんで楽しめます。
c0185449_2304073.jpg


ナイタイ、オンネトー、林道と非常に密度の濃い一日でした。
摩周にあるスーパーで食材を調達して夕闇迫る中を屈斜路湖半に向かいます。
c0185449_2304722.jpg


今日は和琴半島湖畔キャンプ場。昨日までは難民キャンプ状態だったそうだけど今日はガラガラ。
管理人さんも親切だし近くには温泉もある。おまけにごみも捨てられるとあっちゃツアラーに人気なのも納得です。
c0185449_2305237.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-04-29 02:51 | 2009二輪で駆ける北海道の夏
2009二輪で駆ける北海道の夏 2009.07.20 その4
最高のナイタイを堪能した後はR241(足寄国道)を使って東へ向かいます。
足寄を越えると結構な登りが続くこの道もこの辺りは帯広らしい直線が続きます。
c0185449_23564898.jpg


道の両脇には牧場が広がるのどかな景色の連続でした。
c0185449_23565184.jpg


このまま真っ直ぐ行ってもつまらないので途中でD664にそれます。ラワンブキで有名なあそこですね。
でもラワンブキには眼もくれず華麗にスルー(笑)オンネトーに抜ける5kmくらいのダートが走りたくてこっちに来たのでした。
ロードスターとは違って楽勝ですな。でもクマが出そうな雰囲気がありまくりなんで写真を撮るのはちょっと怖かったり。
c0185449_23565612.jpg


あっという間にオンネトーに着きました。
c0185449_2357098.jpg


湖が青いね~。阿寒富士と雌阿寒岳が良く見えるね~。
ナイタイ高原とこのオンネトー。これだけでもここに来た甲斐があったってもんです。
c0185449_2357454.jpg


結構深いはずだけどこの透明感!
c0185449_23571051.jpg


オンネトーのすぐ東に赤茶色の沼?湿地?がありました。錦沼というそうです。
もっと近くに行きたかったけど歩いていけそうな道が見つからなかったので遠くからパチリ。
枯れ木に囲まれた赤茶色の沼。この天気じゃなかったらちょっと怖い組み合わせです。
c0185449_23571478.jpg


まだまだお天気も良いのでもう一つの目的地に向かいましょう。
c0185449_23571846.jpg


[PR]

by tessaisan | 2010-04-22 23:55 | 2009二輪で駆ける北海道の夏
2009二輪で駆ける北海道の夏 2009.07.20 その3
昨日までの雨も明日からの天気も忘れて純粋に「来て良かった」と思えるひと時。
雨を降らせて力を失った雲が吹き散らされていく高原の景色。今思い出しても最高の景色でした。
c0185449_23143414.jpg


そんな高原の道を独り占め。思わず高笑いしたくなる(したかも)くらい気持ちよかった。
でもこのマシンじゃこの道の走りを楽しむには非力で、ロードスターが恋しくなった瞬間でもありました。
c0185449_23144234.jpg


左手のこげ茶の斜面は野焼きの跡ですかね?うっすらと煙が漂ってました。
c0185449_2314469.jpg


ここまでの道のりでかなり時間を掛けたので、気温が上ってきて少しもやが掛かってきました。
頂上の駐車場からは広大な十勝平野がかろうじて見渡せる状態。
c0185449_23145090.jpg


非力なマシンも下りは爽快そのもの。一気に下ってしまいました。エンジンはやばい音立てとったけどな'`,、('∀`) '`,、
高原の道も終盤に差し掛かるところで一台の車がわき道に入るのでついてってみるとそこには駐車場が。
c0185449_23145338.jpg


Σ(゚Д゚)ツリーハウスってこんな所にあったんだ!2006年に出来たらしいんだけどぜ~んぜん知らなんだ。
それにしても絵になるオブジェですな。日の丸構図でもこの存在感。
c0185449_231505.jpg


「表題:成れたもの、成れなかったもの」ってか?個人的にお気に入りの一枚。
c0185449_2315598.jpg



しばらくは昔を思い出しながらのアップになりますがご容赦をm(_ _)m
[PR]

by tessaisan | 2010-04-21 00:07 | 2009二輪で駆ける北海道の夏
2009二輪で駆ける北海道の夏 2009.07.20 その2
目指す来たの山には帯状の雲が掛かってて良い感じ。
c0185449_0491056.jpg


防風林の脇にフラットな直線ダートがいくつもあるので練習にはもってこいです。
ただ雨上がりということもあり洒落にならないくらいぬかるんだ所があったのはご愛嬌。
c0185449_0491668.jpg


なんともいえない空の色と真っ直ぐ伸びるダート。少し進んだ景色の良いところで珈琲を淹れて景色を楽しみました。
c0185449_0492179.jpg


当然舗装された道も真っ直ぐ。ここはD337だったかな?R274程ではないけどここも中々の直線道路です。
c0185449_0492550.jpg


道の両脇には収穫を待つジャガイモやたまねぎが一杯。でも長雨と低温で不作が心配です。
c0185449_0492942.jpg


そして上士幌でD806にスイッチして走ることしばし。ナイタイ高原道路の入り口です。
終わってみれば天気に恵まれなかった今年の北海道だけど、ここは過去最高のコンディションでした。
c0185449_0493343.jpg


[PR]

by tessaisan | 2009-09-02 01:07 | 2009二輪で駆ける北海道の夏
2009二輪で駆ける北海道の夏 2009.07.20 その1
朝の5時前にホテルを出ると?つ・い・に・・・晴れた~゜+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+
もうカッパなんて要らねぇぜぃと意気揚々と出発するもものの数分で靴がびっちゃびちゃに(´;ω;`)
そうか・・・まだ路面濡れてるもんね。。。せっかく頑張って乾かしたのに。。。
c0185449_032947.jpg


気を取り直して円山展望台に行こうと思いD765を西に向かうものの途中で気が変わりやっぱ北へ。
十勝川を越えると帯広らしい景色がキタ!綺麗に区分けされた畑と真っ直ぐに伸びる道が素晴らしい。
c0185449_0321478.jpg


遠くに雲の壁が見えるあたり早朝まで結構激しく降ってたものと思われます。
c0185449_0321930.jpg


D75をしばらく西に走って北に伸びる道にスイッチ。川北のあたりだったかな?
帯広にこんな道あったのねというくらい起伏に飛んだ道。十勝中西部広域農道・・・だったと思います。
c0185449_0322486.jpg


この道は結構地元ナンバーのバイクが走っててバンバン追い抜かれました。対向じゃないと挨拶できねぇよ!
c0185449_0322948.jpg


でもやっぱりここでは真っ直ぐな道を堪能しましょう。もはや何処を走ってるかすら判りません。
c0185449_0323698.jpg



ちなみに前回は1日で1ページ。今回はものの90分の出来事で1ページ。
この違いは何さ?
[PR]

by tessaisan | 2009-09-01 00:54 | 2009二輪で駆ける北海道の夏
2009二輪で駆ける北海道の夏 2009.07.19
北海道初日の朝は予報通りに土砂降り。こんな日だけバッチリ当てなくても良いのにね。
今日はのんびり行こうと決めていたのでバイキングでもりもり食って、遅めの朝9時に出発。
c0185449_0401911.jpg


一旦は東に向かうために昨日通った日高本線沿いの道を走ります。
途中あまりにも雨と風が強くなったので浜厚真駅に避難。雨が横向きに降っとります。
c0185449_0402328.jpg


R235をしばらく走って富川でR237へ。このあたりで雨がやんだので一枚パチリ。
この後は日高に近づくにつれどんどん気温が下がっていってる感じ。バイクだとこういうの良く判りますね。
c0185449_0402894.jpg


R274との交差点をそのまま直進して占冠方面へ。なぜなら日勝峠を通りたくないから^^;
あの峠は去年ロドスタで登ったんだけどペースが尋常じゃない。XTZじゃ怖い思いをするだけでしょ。
てなわけでもう一つ北にある狩勝峠を目指しました。

占冠の街で昼飯を食べようとした時に左足が浸水してることに気づく。
ブーツカバーなんて持ってないんでビニールを靴下の上に履いてたんだけど破れたみたい。
どうせ靴は濡れてるし今日のホテルで乾かせば良いやってんでそのまま走ることにしました。

あいにくの天気だけど金山湖に寄ってみました。ここはラベンダーが綺麗なんだそうです・・・晴れてるとw
あとここには凄く広いキャンプ場があって一度は泊まってみたいんだけど流石に今日はないわ。
c0185449_0403217.jpg


スリッピーな路面にヒヤヒヤしながらも狩勝峠の長い下り坂を降りてきました。
c0185449_0403784.jpg


降りきった所にシェルターがあったので一休み。しかし上陸して以来全然バイクに会わんね。
車で来てる時に良く見たライダー同士の挨拶をやりたくてうずうずしてる自分がここに(´ω`)
c0185449_0404131.jpg


帯広の町に着く頃には少し青空も見えるくらいに天気が回復してきました。
温泉つきのホテルを予約してたんで早々とチェックインして思う存分温泉を堪能しました。
c0185449_0404578.jpg



本日の走行距離:264km
[PR]

by tessaisan | 2009-08-31 01:11 | 2009二輪で駆ける北海道の夏
2009二輪で駆ける北海道の夏 2009.07.17-18
車では何回も行ってる北海道もバイクでは初めてなんで色々不安になるものです。
まずは敦賀までの道のりをどうするか。車だったらドアドアで2時間なんですが高速はつかえないし。。。
結局会社近くに停めて直接行くことにしました。金曜はカジュアルデーなんで服装も無問題。


いよいよ出発の朝。
テンション上げ上げと行きたいところですが何の因果か外は土砂降り。
いつもより早く家を出て会社に向かうものの電車で行くのと同じくらいの速さで会社に到着w
全く仕事に身が入らない一日の始まりです。

野球の消化試合ってこんな感じなのかも(違


定時を過ぎると事情を知ってる同僚によるあの手この手の妨害を振り切って会社を脱出。
相変わらず雨は土砂降り。しかも強烈に蒸し暑い。何でバイクにしたんだろ?と自問自答しながらのスタートです。

K79-K8-K56-R365-R8という最短ルートで敦賀までの120kmを3時間強で走りきりました。
敦賀に着いたらまずは屋台のラーメンでお腹を満たし、コンビニに寄って明日の食料を調達します。
フェリーターミナルは既に路面も乾いていたので雨具一式を干しながら乗船までしばしまったり。
c0185449_0463491.jpg



定刻より早く乗船時間が来ました。車でも一緒だけど車両甲板へのタラップを上るのは特別な感じがします。
日本海航路特有の荷下ろしを済ませたらひとっ風呂浴びてあとは寝るだけ。ベッドに入ってすぐに落ちました。
c0185449_0555578.jpg





苫小牧東港に着くのは日が変わった夜の8時。上陸の感動が全くないんですがこれだけは何ともなりません。
車両甲板からちらりと外を覗こうとすると船員さんに「雨だね~残念だわ~」と言われてちょっと凹む。
c0185449_0584533.jpg



雨を見越してホテルを取ってたので苫小牧に向かうことにします。同じ苫小牧とはいえ30分以上掛かります。
自専道は使えないんで海沿いを勇払に向かったんですがこの道が真っ暗で怖かった。しかも雨降ってるし。
c0185449_113253.jpg



今宵のお宿はホテル於久仁。朝食バイキングつきで3,700円。大浴場も立派だし脱衣所も広いw
スタッフの人の感じも良くてまた利用したいなと思わせる良いホテル。オススメです。

本日の走行距離:118km+25km
[PR]

by tessaisan | 2009-08-25 01:14 | 2009二輪で駆ける北海道の夏
2009二輪で駆ける北海道の夏 帰還編
7/18~7/26まで北海道に行ってきました。
天気は過去ワーストと言ってもいい位の酷いお天気。
それでも2輪で行く北の大地は新鮮でした。

上陸翌日は強い雨と風。2輪での旅は本当に天候次第だと思わされました。
c0185449_038466.jpg


そんな天気だったからこそ晴れた日は特別気持ちが良い。過去最高のナイタイを堪能できました。
c0185449_038819.jpg


オフ車で行ったからには林道も走りたい。景色の良い林道を幾つか走ってきました。
c0185449_0381386.jpg


オンシーズンはとても張れないキャンプ場にも行って人気の理由を再確認。こりゃ混むわ。
c0185449_0381730.jpg


道北はなんと12℃。それでも対向のライダーと交わす挨拶はなんか新鮮で楽しかった。
c0185449_038217.jpg


そして最後は曇りの予想を覆しての晴れのオロロン。バイク、自転車、オープンカー。みんなにっこにこでした。
c0185449_0382514.jpg


そして今回の旅のお供はまたもやXTZ125。GWに引き続きツーリングマシンとして立派に走りきってくれました。
c0185449_0571390.jpg


とりあえずは隠岐編を終わらせないと(´Д`ι)アセアセ
[PR]

by tessaisan | 2009-07-28 00:58 | 2009二輪で駆ける北海道の夏
2009二輪で駆ける北海道の夏 準備編 その2
c0185449_0565327.jpg


こんな毎日だったら最高だねぇ。




隠岐編がえらい中途半端ですがタイムオーバー。
休暇前の仕事量を舐めてました。。。
[PR]

by tessaisan | 2009-07-17 18:00 | 2009二輪で駆ける北海道の夏
2009二輪で駆ける北海道の夏 準備編 その1
鉄斎 様
いつも新日本海フェリー「インターネット予約決済サービス」をご利用いただき、
まことにありがとうございます。予約が下記の通り成立しましたのでお知らせし
ます。(予約番号・乗船券受取に必要な物は内容確認の後に表示しています。)

・受付日時 2009年07月01日 18:15:34
・乗船日 2009年07月18日
・運航便 敦賀港 01時15分発 → 苫小牧東港 (2009年07月18日 20時30分)着
・乗船者 大人: 1人 小学生: 0人 乳幼児: 0人
・等級 2等寝台
・車両 原動機付自転車 1台

・受付日時 2009年06月30日 21:23:47
・乗船日 2009年07月25日
・運航便 苫小牧東港 23時40分発 → 敦賀港 (2009年07月26日 20時30分)着
・乗船者 大人: 1人 小学生: 0人 乳幼児: 0人
・等級 2等寝台
・車両 原動機付自転車 1台


------------------------------

休みは与えられるものじゃない。奪い取るものだ!


うちの会社、長期休暇取得推進とかやっててくれて良かった(´ω`)
[PR]

by tessaisan | 2009-07-01 21:28 | 2009二輪で駆ける北海道の夏